選択の痕跡

音楽・テクノロジー・哲学

2020.12 Monthly Best Songs

2020年12月にリリースされた曲・アルバム/EPから特に良かった10曲を選びました。
2020年最後もあまり時間がなく、簡略版です。

  • Songs


10:トクマルシューゴ「Mazume」

www.youtube.com

多様な楽器が次から次へと音を織りなすことで生み出される、びっくりするぐらい立体的な音像。
初聴の時は、イヤホンが壊れたのかと思うぐらい、ぞくぞくするような体験だった。

9:千紗子と純太「だからさよなら」

www.youtube.com

初めて聴いたアーティストなのだが、これまた凄い音像。この低音はいったいどんな音なのか。人生で初めて聴いたような、ちょっと怖さすらある音。
どこかで、宇多田ヒカルの最近の音像を引き合いにしている人いたような気がするが、確かにと納得できるような曲。

8:KREVA「Fall in Love Again feat. 三浦大知

www.youtube.com

クリスマスにばっちり似合う、多幸感溢れるトラックに、リリック。
シンプルではあるが、KREVA三浦大知という豪華な布陣に相応しい、豪華さを感じる音で、普通にめっちゃ良いなとなった。 いくらでも聴けちゃいそうなタイプの曲。

natalie.mu

7:banvox「Reflection」

www.youtube.com

banvoxの新曲は、久しぶりにぶっ壊れ気味に、かましまくっている。ボーカルチョップといい、ドロップといい、こんなに攻めている彼の曲は久しぶりに聴いた気がする。最高。大好き。
過去曲のサンプリングっぽいフレーズも、懐かしさを感じて、にやけてしまう。

6:パスピエ「Q.」

www.youtube.com

パスピエの新曲は、最初聴いた時には、ちょっとストレートすぎるかなと思ったが、これはこれでやはり良い。勢いあるビートに、シンセによるキラーリフ。そして大胡田なつきの畳み掛けるように連なる言葉と歌。彼らのブレなさは心強い。
ちなみに、このパンチラインが、とても刺さった。

ストレスな暴利 権利は凶器
かくして道徳待った無し

www.musicvoice.jp

5:WOZNIAK「THJ - feat. 照井順政、だいじろー」

開始0.2秒で、ああこの人たちがやったらこういう音になるよねというようなアイデンティティを見せつけられる。
ギターのコードがとても好きな音色。複雑な展開の中でも、何だか安心できる。でもそれだけではないような深みもある。
ギターソロからの展開は圧巻の一言。

4:ポルカドットスティングレイ「化身」

www.youtube.com

高速四つ打ちに、引きまくるギターを乗っけて、キメまくる。
はっきり言ってしまえば、少し前に流行ったようなタイプの曲ではあるが、
このバンドはこれで良い。いや、これ”が"良い。そう強く思う曲。

www.uta-net.com

3:SuiseiNoboAz「SUPER BLOOM」

「3020」のように、ポエトリーリーディングのような歌唱を軸に畳み掛ける曲も良いが、この曲のように高らかに歌い上げる曲も良い。力強くて、カッコ良い。

mikiki.tokyo.jp

2:蓮沼執太フィル「HOLIDAY feat. 塩塚モエカ」

最近あちらこちらに引っ張りだこな塩塚モエカをゲストボーカルに迎えた蓮沼執太フィルの新曲。
蓮沼執太フィルの音は、安定感ばっちりでもう何も言うことがないのだが、塩塚モエカに驚いた。こんなカラフルな歌も歌えるシンガーだったとは。一瞬たりとも彼女の歌から耳が離せないほどの吸引力がある。
正直この曲は、塩塚モエカの曲と言っても過言ではないのではないか、というほどの出来栄えの曲。

1:NOT WONK「slow burning」

2021年1月27日発売予定のニューアルバム「dimen」からの先行シングル。
今のNOT WONKは何をやっても、"NOT WONK"になるんだという深い自信と気迫が、ビリビリと伝わってくる。
アルバムが楽しみでしょうがない。

  • Albums/EPs


SuiseiNoboAz「3020」

今の時代に鳴るべき音楽という気概が凄い。

mikiki.tokyo.jp

ポルカドットスティングレイ「何者」

正直似たタイプの曲が多いわけだが、それでも十分聴けてしまうクオリティ。これはこれで凄い。

パスピエ「synonym」

パスピエらしい変な曲もたくさんあって、らしい。特に、「oto」の、楽曲自体を左右対称にして、逆再生しても同じように聴こえるようにしたという話、頭がおかしすぎて最高。

MÖSHI「#13G 10009」

最近注目を集めているアーティストとのことだが、確かに気になる音だ。

spincoaster.com

碧海祐人「夜光雲

どの曲もコンスタントに良くて好きなのだが、浦上想起を歌と鍵盤で迎えた「逃げ水踊る」は白眉。この心地よさ、彼らには2021年の音の真ん中を担ってほしい。

Gotch「Lives By The Sea」

Gotchってこういうことも出来るのか。客演の豪華さもさることながら、Gotch自身の歌唱に優しさが溢れている。

羊文学「POWERS」

ちょっと前の緊張感にまみれる音像も好きなのだが、大分大人になったような楽曲が並ぶ。塩塚モエカの進化も著しく、今後一体どんなバンドになっていくのだろうか。